2005年03月31日

変な物シリーズ!に入れてもいい?


虫狩開きかけ20050331(20) 冬芽がバンザイしてた虫狩(むしかり)は、こういう風に葉を開きます。
冬の間は下の部分のように茶色い毛に覆われて2枚の葉がくっつき合っていますが、それが二つに分かれて中に巻き込んでいた葉を開き始めます。
虫狩は白い花を咲かせる木ですが、うちのように気温の高いところでは花芽ができないようで、まだ咲いたことはありません。(トホホ)

*葉がちゃんと開いたところはこちらの記事に載せました。
posted by mako_chachacha at 15:14| Comment(8) | TrackBack(0) | 炉の茶花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食料のはなし 〜 本当に食料は足りないのでしょうか? 〜 

世界には干ばつや洪水などの自然災害や、紛争などによって食料不足に陥っている国や地域があり、1996年の世界食料サミットでは、8億人以上の人々が十分な食料を得られず慢性的な栄養不足の状態にあることが問題となりました。

世界全体で言えば、近年安定して年間18〜20億トンの穀物が生産されていて、これを単純に世界の人口(約64億人)で割ると一人当たりの年間の穀物の量が約300kgとなり、もしこの計算通りに世界中の人々に穀物が行き渡っていれば、少なくともおなかをペコペコにすかせている人はこの地球上にはいないはずなのです。
でも、実際には世界の人口の5分の1にも満たない先進国の人々が全体の約40%もの穀物を消費しています。
先進国の人々はどのようしてにこれだけの穀物を使っているのでしょう?
それは、これらの穀物の多くは直接人間の口に入るのではなく、人間が食べる肉や卵や乳製品のために、飼料として家畜の口に入っているのです。牛、豚、鶏などの肉を食卓にのぼらせるためには、その肉の重さの何倍もの穀物を食べさせて家畜を育てなくてはならないのです。

またカロリーの不足だけでなく「栄養の不足」という問題も深刻です。特にビタミンAやヨウ素といった栄養素の欠乏は子供の心身の発達を妨げて、病気にかかる危険を高め、命を奪うことにつながるのです。

日本は、食料自給率(カロリーベース)が約40%と先進国の中では最下位。穀物の自給率は28%で世界の中でも128位と低い水準です。(2000年の統計)
それにもかかわらず年間に家庭から約900万トン、スーバー・コンビニから約700万トンも食べ残して捨てているのです。

*私が参考にしたのは、以下の本やHPです。興味があれば、これらを参考にもっといろいろ調べてみてください。
21世紀をともに生きる地球の仲間編『たみちゃんと南の人びと』
 (明石書店、1987)
朝日新聞2001年12月12日朝刊「絵で見るニュース『世界の食糧不足』」
http://www.maff.go.jp/
 (農林水産省)
http://www.fao.or.jp/
(FAO(国際連合食糧農業機関)日本事務所)
http://www.wfp.or.jp/
(国際連合世界食糧計画日本事務所)
http://www.unicef.or.jp/
(日本ユニセフ協会)

Copyright(C)2005 mako_chachacha All rights reserved.
(無断でこの文章を使ったり、転載したりしないで下さい。)
続きを読む
posted by mako_chachacha at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際理解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オリが来ない朝


オリとクルル20050331(32)今朝はまだオリが姿を見せていません。
昨日の夕方もごはんを食べにこなかったので、薬も2回スキップしてしまいました。どこに行っちゃったんだろ?
写真は昨日の午後に撮ったものです。金魚には目もくれず、高みを見上げるオリ。跳びたい気持ちが溢れ出てると思いませんか?
ちなみに金魚はクルルといいます。このブログの 初日に出てきたうちの 先住金魚です。

2005年03月30日

変な物シリーズ!(^o^)


双葉葵の蟹芽20050330(16)蟹の爪のようなこの芽、「双葉葵(ふたばあおい)」です。爪のひとつひとつがハート形の葉に開きます。京都の葵祭で活躍しますね。
水戸黄門の印籠についているのは三つ葉葵ですが、実際には三つ葉の葵は無いと聞きました。丸紋に入れるバランスを考えて、三つにしたのかな?
調べてみたらこの双葉葵は「馬の鈴草科」という科に入るのだそうです。「馬の鈴草」って?===検索して調べてみてください。かなり変な物シリーズにピッタリです(笑)

その後の様子はこちらにアップしました。
posted by mako_chachacha at 11:23| Comment(7) | TrackBack(0) | 炉の茶花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

『もういちど宙(そら)へ』


20050329もういちど宙へ

病気で尾びれを失って泳げなくなっていたイルカが、人工尾びれを作ってもらってまた泳げるようになった話、ご存知ですか?テレビでも何度か紹介されたそうですが、私は生憎見逃していました。友人の旦那さんがこの人工尾びれのプロジェクトに協力したとのことで、この本を送ってきてくれたのです。
まだ第一次試作の尾びれができたところまでしか読んでいませんが、沖縄の美ら海水族館の人々やブリジストンの技術者達の熱い思いが伝わってきて感動してます。
posted by mako_chachacha at 23:15| Comment(8) | TrackBack(0) | 日々のつぶやき【名古屋編】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

満を持して


20050329玉之浦

私が一番気に入っている椿、「玉之浦椿(たまのうら)」を紹介します(*^-^*)ラブリーだと思いませんか?(親バカならぬ椿バカ?)
長崎県福江島玉之浦の山の中で発見された薮椿系の品種だそうです。「発見された」ってところがいいですよね☆
posted by mako_chachacha at 11:48| Comment(16) | TrackBack(0) | 炉の茶花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月28日

オリからご挨拶申し上げますm(_ _)m


オリの挨拶20050328(24)にぼしをもらいにきたら、いろんなひとがしんぱいしてくれてるよってまこちゃちゃちゃからきいたので、ぼくからもおれいがいいたくてまこちゃちゃちゃにかいてもらうことにした。
続きを読む

江戸時代から!


20050328緋縮緬

また雨ですねぇ///
雨の中,「緋縮緬椿(ひぢりめん)」が開きました。2,3年前に苗を手に入れて、今年初めてひとつだけつぼみをつけたものです。
「緋縮緬」は江戸時代からある品種だそうで、八重咲きですがゴージャスな華やかさはありません。濡れそぼった姿が結構似合ってますね。
posted by mako_chachacha at 10:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 炉の茶花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

やぶ◯◯さ


破れ傘20050327(32)この数日の寒さのせいか、なかなか伸びません。
今日は横から撮ってみたのですが、ちょっときのこのような感じもしますね。
3センチ程の高さになれば、名前通りの葉っぱになるはずです。


成長記録
posted by mako_chachacha at 11:13| Comment(11) | TrackBack(0) | 炉の茶花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

今年も単色


20050326小磯

「小磯椿(こいそ)」です。
座右の書『炉の茶花』には斑入りの小磯椿が載っていて、「かわいい〜☆」と思って入手しました。でもうちでは斑が入りません。永井先生(本の著者)のところでは枝変わりしてるのかなぁ・・・?
でもやっぱり、かわいい椿です。
posted by mako_chachacha at 10:39| Comment(5) | TrackBack(0) | 炉の茶花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

飛べ!チャッピー


飛べチャッピー20050325(52)チャッピーが庭の藤棚から2階のベランダに飛んでいるところです。何回も写真に収めようと挑戦してきて、やっと撮れたのですが、チャッピーの頭が・・・残念!(藤棚でチャッピーを見守っているのがママです。)

調子の悪かったオリは、なかなかよくならないので、今日とうとう獣医さんに連れて行きました。
少し熱があって、白血球数が通常の2倍あるとのことなので、体の中で何か炎症がおきているのでしょう。抗生物質を注射してもらって帰ってきました。
早くよくなってくれるといいのですが・・・

これも咲いてるのかな?


榛の花?20050325(24)榛(はしばみ)の先についていた穂のようなものが伸びてビロンビロンしてきたのですが、これで開花なんでしょうか?
以前にアップした 赤いヒゲはどうやら雌花で、これが雄花らしいのですが・・・
posted by mako_chachacha at 09:58| Comment(3) | TrackBack(1) | 炉の茶花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

ゴマちゃんの頭のような


破れ傘20050324(36)またまた奇妙な植物です。
これは芽です。
実際の大きさは8ミリ× 5ミリくらい。
白い毛に覆われています。
葉が出てきてしまえば、それほど奇妙ではないのですが・・・
名前は「 や ◯ ◯ ◯ さ 」(もったいぶり過ぎ?(笑)ゴメンネ!)

成長記録
posted by mako_chachacha at 18:05| Comment(11) | TrackBack(0) | 炉の茶花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一応ご紹介いたしますが・・・


20050324四海波

あまり私好みではない椿です。「四海波椿(しかいなみ)」といいます。私は、こういう風に中で花びらと蕊がゴチャゴチャになった椿がちょっと苦手です。
でも夫は好きみたいで、これも夫がお花屋さんの店先で見つけて買ってきました。だから大きな声で「こんなの嫌い!」とは言えません。「んー、こういうのは茶室では使えないなぁー」と言って、何気なーく敬遠してます。(だからカテゴリーも「茶花」ではなく「庭」(笑))
posted by mako_chachacha at 09:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 2005 春の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月23日

お稽古帰り

どうしても釣釜のお稽古がしたかったので、再びお稽古に行きました。今日は日帰り。
朝10時に家を出て1時半に稽古場着。6時頃までお稽古して9時半頃に帰宅予定です。「青春18きっぷ」が1回分残っていたので行き帰り共在来線です。
お稽古ではバッチリ炭手前のチャンスを得ました・・・というか、先生がそういう風に配慮して下さいました。感謝です m(_ _)m なのにお手前ではお釜が180度向こうに回ってしまいました。しかもそれで動揺しちゃって、その後がボロボロ・・・目指してるのは「平常心是道」なのに、まだまだ遠いなぁ(トホホ)
posted by mako_chachacha at 19:19| Comment(6) | TrackBack(0) | 茶道の稽古【名古屋編】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これしか咲かないのに?


20050323中部五色椿

名前は「中部五色椿(ちゅうぶごしき)」です。
「五色」というからには、赤とかピンクとか白とか斑入りとか色々咲いてくれるのかと期待してるのですが、今までのところ、この「白にちょっと赤っぽい筋」というのしか咲いたことがありません。葉っぱもちょっと黄色っぽいし・・・
もっと頑張ってよぉ〜〜〜
posted by mako_chachacha at 09:17| Comment(7) | TrackBack(0) | 炉の茶花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

アブラチャン♪


あぶらちゃん20050322(16)アグネス・チャンみたいな名前をもっているこの植物、「油瀝青(あぶらちゃん)」という字を書きます。
直径3ミリほどのつぼみが枝の両側にカニの眼のように出て、それが割れて3つくらいの花が開きます。
育て始めて5〜6年になりますが、こんなに花が咲いたのは初めて!もしかしたら植えたところが日陰過ぎたのかな?枝が伸びてやっと陽が当たるようになったのかも。花芽を作るのにもっと陽の光が要るのかも知れません。
posted by mako_chachacha at 17:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 炉の茶花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毛が抜けた・・・


20050322抜筆

「抜筆(ぬきふで)」という名前の椿です。毛の抜けた筆で掃いたような模様になっているので、こんな名前がついています。
これは赤が勝っていますが、もう少し白が入るともっとはっきり模様がわかってきれいです。
形もいいので、好きな椿のひとつです。
posted by mako_chachacha at 09:37| Comment(4) | TrackBack(1) | 炉の茶花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月21日

再び、お稽古帰り

昨日に引き続き、お稽古に行ってきました。
今日は逆勝手や隅炉など、普段のお稽古とは違う炉の切り方を想定しての特別稽古で、逆勝手の初炭と台目切出炉の薄茶をしました。
逆勝手はいつもと勝手が違うわけで(笑)、いつも右からしてることは左からとか、右手でしてることを左手でとか、ともかく頭を集中させて動かないといけません。また時々は「いつも通り」ってことも混じってるから更にヤヤコシイ・・・でもこの緊張感がたまらないからやめられません(*^-^*)
今日のお菓子は田丸弥の「白川路」でした。大好きなお菓子のひとつです。
posted by mako_chachacha at 20:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 茶道の稽古【名古屋編】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月20日

お稽古帰り

3月になって初めてのお稽古は五事式の割稽古で、廻り炭や廻り花、一二三之式を教えて頂きました。1年前にも習ったはずなのですが見事に忘れてしまっていて、覚えなくてはいけないことが多過ぎ!
でも廻り花では貝母や木五倍子が活躍して、うれしかったぁ〜♪
徒然棚で平花月もしました。徒然棚を使うのは初めてだったのですが、そーっと秘密の宝箱を開けるみたいでワクワクしました(*^-^*)
お菓子は生風庵の「菜種きんとん」。ラ・フランスのような爽やかな味のする不思議なおいしさの超柔らかきんとんでした。幸せ。。。

posted by mako_chachacha at 20:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 茶道の稽古【名古屋編】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。