2007年02月28日

あっちこっちデート

今日、夫が道端でオリを見かけたそうです。


夫が見つけた時、

オリはこの黒猫ちゃんと

黒猫ちゃん20070228

大変親密にしていたそうです。






でも夫が携帯のカメラを起動している間に


オリは

こっちのかわいこちゃんに

オリの恋20070228

ついて行ってしまったそうです(^_^;)

デートが難しそう。。。


榛20070228

榛(はしばみ)の雄花が伸びてきました。(11月にはこんな感じでした)
左下と右上に先日冬芽でご紹介した彼女(雌花)がいるのですが、ちょっと遠いですよね。
鳥が来るとも思えないし、虫の姿も見えないし、風に吹かれて受粉するのかしら?何だかデートが難しそうです(^_^;)
受粉したらヘーゼルナッツみたいな実ができるんでしょうか?私がキューピットになってあげようかな(*^m^*)
posted by mako_chachacha at 13:21| Comment(5) | TrackBack(0) | 炉の茶花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

いちについてー

よ−い。。。

よーい20070226






どん!

どん!20070226

2007年02月25日

二色目!


20070225中部五色椿

「中部五色椿」という名前なのに白か白にちょっと赤い線が入ったくらいの花しか咲かなくて、その名前を疑っていたのですが、とうとうピンクの花が咲きました。これで二色目です。

うちにはまだないようなピンク色なのでうれしい!(^-^)花形は小さいくせにやや椀咲きで、梅のような咲き方です。
posted by mako_chachacha at 19:02| Comment(6) | TrackBack(0) | 炉の茶花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

毛が抜けた・・・ということか!?


20070224抜筆

「抜筆(ぬきふで)」という名前の椿です。
椿の命名の仕方なんて、見つけた人や栽培した人の勝手でしょうが、それにしてもこの椿を見て毛が抜けた筆を想像した人は何か悩み事でもあったのかしら・・・?(^_^;)
posted by mako_chachacha at 22:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 炉の茶花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

すぷぴよちゃん、いらっしゃ〜い♪

いつも訪問させて頂いているpiyo_piyo Blogのよーしさんが先日の「デザインテンプレートコンテスト」で優秀賞に輝き、その作品がLOVELOGの公式テンプレートになりました。

「すぷぴよ」とは、温泉(ホットスプリング)に関するHPも作っておられるよーしさんのオリジナルキャラクター、ぴよ、どどやん、ペンギンの三羽トリオの愛称です。
この三羽とよーしさんの織りなす日常の楽しい事。楽しい事。大ファンなんです。

というわけで、ブログを始めてから今日まで昨日まで、一度もテンプレートを変えたことがなかったA型な私ですが、当分このテンプレートを使わせて頂こうと思います。この雪景色に合わせて、桜の開花宣言の日までにしようかな(^-^)

このテンプレートに変えてみて、急に私のブログも可愛くなった気がしてうきうきしてます。「萌え〜」ってこういう感じのことなのかしら?(^o^;)
でも内容は相変わらずですので、ご了承ください。

posted by mako_chachacha at 15:42| Comment(11) | TrackBack(0) | 日々のつぶやき【名古屋編】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そりゃないでしょ〜(>_<)


貝母20070223

春の使者「貝母(ばいも)」です。
基本的には地植えにしているのですが、球根で増える植物なので秋には一度掘り起こして球根を整理します。
整理して残った球根は鉢植えにしているのですが、こんなにワサワサと葉っぱを茂らせていて地植え以上の充実ぶりです。

が、花はというと・・・
つぼみは真ん中に一本にょきっと伸びた茎にひとつついているだけです。
こんなに葉っぱが茂っているのに花が1つとは。。。
ちょっとぎゅうぎゅう植え過ぎちゃったのかしら?
またこの鉢の方も整理して、貝母鉢2号を作らないといけないかも知れません。

ちなみに地植えの方はもうちょっと成績よさそうです(^-^)
posted by mako_chachacha at 15:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 炉の茶花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

にゃんとかわいい!

これ、今ニュースで「話題になってます」って紹介してたんだけど、
かわいすぎです♪(^o^)

( ↓この下に何も写ってなかったらこちらへ。
   "ScheduledDowntime"と出たら再読み込みしてみてください。)


2007年02月21日

いい香り〜


沈丁花20070221

早くも「沈丁花(じんちょうげ)」が咲き始めました。
これもちょっと早目でしょうか?
たったひとつの花でも香りは同じ。いい香りです(^-^)
posted by mako_chachacha at 23:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 06-07 冬の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

うこんのちから、ありや?なしや?


ウコン20070220カレーに入れるスパイスのひとつ、ターメリックとして有名な「鬱金(うこん)」。最近は健康食品としてもかなり注目されているみたいですね。
その鬱金を使った「鬱金染め」の木綿布に包んで着物や木地の茶道具などをしまうと、防虫効果があると聞いて、以前から鬱金染めの風呂敷を探していました。

先日、某デパートの着物催事の小物コーナーで「御衣装づつみ」というオレンジ色の商品を見つけ、「鬱金」と大きく書いてあったので「これだ!」と思って購入しました。3枚1000円と、それほど高くもなかったので・・・

家に帰って早速使ってみようと思ったら、説明書に「・・・現在では化学染料で染め上げ・・・」と書かれているではないですか!何!?本物の鬱金染めじゃないの〜〜〜???

早速ネットで検索してみると、最近は本物の「鬱金染め」はほとんどないとか。そして化学染料による「鬱金染め」には防虫能力は期待できないそうです(>_<)(防虫剤を併用するようにと書いてありました。)

折角手に入ったと思っていたのにがっかりです。とほほ
posted by mako_chachacha at 18:02| Comment(10) | TrackBack(0) | 日々のつぶやき【名古屋編】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

ヒヨめ〜〜〜

椿の記事の度に書いているような気がしますが、今年は20種類程の椿のうち半分くらいにしかつぼみがついていません。

そんな中、「緋縮緬(ひちりめん)」には5つもつぼみがついていたので楽しみにしていたんです。


それが!今朝見てみたら!!!


緋縮緬20070219


5つのうち4つに穴が開いているではないですか!がく〜(落胆した顔)
しかも見事真ん中に!!!

あ〜ん、楽しみにしてたのに〜もうやだ〜(悲しい顔)

こんなことするのはあいつしかいません。
ヒヨ*め!出てこい!!!ちっ(怒った顔)

 *ヒヨ=ヒヨドリ
posted by mako_chachacha at 17:40| Comment(9) | TrackBack(0) | 炉の茶花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お稽古・覚え書き

日曜日は台子のお稽古でした。


2月18日 真の炭
   

最近、炭手前のお稽古が続いています。炭手前は好きなのですが、ついだ炭になかなか上手く火がつきません(>_<)
利休七則といって、千利休が茶道の心を伝えるために残した7つの短い言葉があるのですが、その中に「炭は湯の沸くように」と書かれています。手前や炭の置き方に決まりはありますが、結局はお湯が沸かなければ意味がないんです。

お稽古の最初に炭手前をさせて頂く時には下炭といって真っ赤に熾こされた炭が3本入っていますが、お稽古の途中にもなるとほとんど種火が無い状態で炭手前をすることもあります。そんな時こそ技量が試されます。・・・が、私にはまだ試される程の技量もありません(^o^;)決まり通りに炭をつぐのですが、そのままでは大抵の場合火が消えてしまいます。そこで先生が「ちょちょいのちょい」と種火を置き直し風の通り道を空けてくださると、とたんにパチパチと炭が熾こり始めるのです!最近そういう事が度々あるので、私は密かに先生を「火の魔術師」と呼んでいます(^_^;)


先生がおっしゃるには、

 ・火のついている炭を集める
 ・その足元に空気の通り道を作る

ことが大切だそうです。


つまり、私などはついつい「ついだ炭に火を移すには、すでにある火とくっつけなくては!」と思ってしまうのですが、そうではなくて、火を集めて火力と熱を上げると少々隙間の空いた場所にある炭にでも火が移るのです。そして火力を上げるためには酸素を送り込まないといけないので、炭をぎゅうぎゅうにくっつけていてはダメなのです。
こういう失敗をすでに何十回と繰り返しているので、こうしてはいけないということはわかっているつもりなのですが、やはり形や思い込みにとらわれて、結局は火のつかない方法を取ってしまうのです(>_<)

「火の魔術師」への道は遠そうです。。。
posted by mako_chachacha at 15:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 茶道の稽古【名古屋編】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

あら、びっくり!(@o@)


玉之浦20070217

今年は椿の出来が悪くて、20種類くらいの木のうちつぼみがついたのは半分くらいです。大好きな「玉之浦(たまのうら)」も今年はつぼみがなくて・・・と残念に思っていたのですが・・・

今日は午後から雨が降り始めました。窓のそばで編み物をしていたら庭の方でガサガサ、ガサガサって音がしたんです。見てみたらまだ背の低い玉之浦の木が揺れています。よく見てみるとヒヨドリが!!!




ヒヨドリがいるということは・・・




ヒヨドリは椿の花を食べに来るんだから・・・




えーっ!花が咲いてるのー!???



びっくりして傘もささずに庭に飛出したら、やっぱり葉っぱの陰に小さな花が一輪咲いていました〜(^o^)ちゃんと玉之浦らしい白い縁取りもあります。うれしいなぁ。。。揺れるハート
posted by mako_chachacha at 18:45| Comment(5) | TrackBack(0) | 炉の茶花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

鶏冠?リーゼント?


ハシバミ冬芽20070215

今シーズン初めての「冬芽シリーズ」です。これは「榛(はしばみ)」で、葉芽の上に出ている赤い毛のようなものが雌花です。

写真がぼけぼけでちょっと面白さが伝わらないですよね(^_^;)すみません。
posted by mako_chachacha at 23:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 冬芽シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

パンパカパァ〜ン♪


鶯神楽20070214

「鶯神楽(うぐいすかぐら)」が次々と咲いています。雌蕊が突き出していて、まるでラッパから音♪が飛び出してくるような格好になっているので、思わず笑っちゃいました(^o^)

今年は葉っぱがなかなか出てこないのですが、葉芽かと思っていたところからも続々とつぼみが膨らんでいます。この葉と花の関係は毎年違うので、なかなかこの木の生態がつかめません(^_^;)


ぴかぴか(新しい)   ぴかぴか(新しい)   ぴかぴか(新しい)   ぴかぴか(新しい)   ぴかぴか(新しい)


え〜、そして今日2月14日は私のブログ記念日です(^o^)バレンタインデーだから覚えやすいんです。今日でこのブログを始めて丸2年になりました。
のぞきに来て下さったり、コメントを残して下さる皆さんのお陰で続けることができているのです。ありがとうございます。

これからもあんなことやこんなことを書いてぼちぼちと続けていくつもりですので、どうぞよろしくお願いします。
posted by mako_chachacha at 23:55| Comment(13) | TrackBack(0) | 炉の茶花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

和風スペース


20070213四海波

「蹲(うずくまる)」の花入を頂いたのに、うちの中には床の間もなければ花入を掛ける柱もなくて困っていました。
そこで、竹の垂撥(すいはつ)を買って壁の釘に掛けてみました。垂撥の上部には短冊や扇子も飾れるようになっていて、立礼席などで野点傘に掛けられることもあります。


どうですか?ちょっと和風な雰囲気が出てると思いませんか?
私はなかなか気に入っています(^-^)

折角なので今日は「四海波(しかいなみ)」と春芽の膨らんできた「伊予水木(いよみずき)」を入れてみました。
蹲の花入は椿がよく似合う上に、短い枝でも大丈夫なのでうれしいです。
posted by mako_chachacha at 11:27| Comment(7) | TrackBack(0) | 炉の茶花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

お稽古・覚え書き

お稽古に行ってきました。


2月10日 後炭
      貴人清次薄茶(丸卓)

2月11日 大炉初炭


今年は大炉の参加人数が多くて、1回しかお点前が回ってきませんでした。その代わり、逆勝手の花月の席入りと退出の足さばきを練習させてもらいました。各人が月・一・二・三それぞれの場所に入ったり出たりしてみました。逆勝手は「左足から入る。右足から出る」ということが頭でわかっていても、体は普段から慣れている「右足から入る。左足から出る」という方をしたがるので、かなり強い意志の力で左足を前に出さなくてはなりません。結構いい脳トレです。(^_^;)


大炉のお稽古の前にはひとつお茶会にも寄せてもらってきました。梅尽くしの取り合わせで、お菓子も鶴屋吉信さんの鶯のついた薯蕷でした。おもしろかったのは使われていた椿の名前で「タカオノスズメ」というのだそうです。白地に赤い筋が薄く入っていて、長細い蕾が少し開きかけていました。咲いたらどんな花なのか、見てみたい気がしました。

posted by mako_chachacha at 13:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 茶道の稽古【名古屋編】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

ごめんなさい

たくさんコメントを頂いているのに、お返事できてなくてごめんなさい。今週末もお茶のお稽古に行くので、お返事・ご訪問は月曜日以降になります。どうかお許しください。

いつもいつもありがとうございます。
感謝しつつ・・・いってきま〜す。
posted by mako_chachacha at 09:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々のつぶやき【名古屋編】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

クレストン:マリンバと管弦楽のためのコンチェルティーノ

今日の1曲
CRESTON: Concertino for marimba and orchestra op.21 (1,2mov.)
 H.M.ちゃん

友人の娘さんが高校の音楽科でマリンバを勉強されています。今日はその公開試験を聞いてきました。
高校の学年末試験で40名ほどの学生さんが次々と演奏されるわけですから、もちろんオーケストラなどついていません。伴奏はピアノです。曲も1、2楽章のみ。それでも10分ほどの演奏だったでしょうか。結構聴きごたえがありました。


クレストンというのは20世紀のアメリカの作曲家だそうです。
posted by mako_chachacha at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽やら、読書やら、映画やら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

Happy Drum 〜ハッピー・ドラム〜


福鼓20070208

Happy Drum = 「福鼓(ふくつづみ)」を英語で言ってみました。
やっぱり言いにくくても「福鼓」の方がいいですね(^-^)
今年はしっかりと斑の入った、可愛い花が咲きました。

去年一昨年も4月に入ってから咲いているのに、今年はもう咲いてしまいました。天気予報でも「3月下旬並み」「4月上旬並み」の暖かさと言ってますから、ちゃんと椿もそれを感じとっているんですね。2ヶ月も先取りとは、ちょっとオソロシイです。

posted by mako_chachacha at 15:05| Comment(5) | TrackBack(0) | 炉の茶花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。