2013年04月12日

お稽古・覚え書き

3月31日 花月

3月の花月のお稽古は五事式の茶事想定のお稽古でした。
ちょうど10名のメンバーが揃ったので、まずあみだくじで茶事前半組と後半組に分かれて、そこから更に札で役割を決めました。
私は前半の「三」。五事式の前半というと、メインイベントの廻り炭です!種炭の火が消えないうちに要領よく廻らなくてはいけないので緊張です。
でもさすがに毎月一緒に花月をしているメンバーですから、なかなか素早く廻ることができました(と思います(^_^;))

後半は廻り花→且座(香・濃茶)→花月→一二三 と続き、前半のメンバーはその水屋での準備をさせてもらいましたが、みんなで持ち寄ったお花がいっぱいあったので花寄せにして混ぜてもらいました。

後日、その時のお花を先生が床の間にかざって下さったのがこの写真。私が入れたのは左から2番目の利休梅と玉之浦の組み合わせです。
20130402

posted by mako_chachacha at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道の稽古【広島編】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。