2012年07月21日

モジズリ

ねじねじにお花が咲くネジバナです。 名古屋にいた時はこれが欲しくてもなかなか見つけられなかったんだけど、こっちに来てみたらあちこちに雑草として咲いています(^o^;)。oO(さすが、田舎) 去年、種を採ってきて庭に蒔いておいたのですが、それは芽がでませんでした。 でも、何と!うちの庭にあったんです! いつもなら雑草が伸び始めたら夫が草刈りをするのですが、今年は夫が手の骨を骨折してしまってギプスをしていたので、草刈りができずに雑草が30センチくらい伸びてしまったのです。 そうしたらあっちこっちにネジバナが咲いているではないですか!? 刈ってしまっていたから分からなかっただけなんですね(^o^;)

ねじばな.jpg

このネジバナですが、昔「小さな恋のものがたり」というマンガで主人公のチッチが「もじずり」と呼んでいたのが妙に印象に残っています。

「もじずり」と言えば、百人一首の「みちのくの しのぶもじずり たれゆえに みだれそめにし われならなくに」を思い出します。この歌の中の「もじずり」と関係あるんでしょうか?

調べてみたら、「しのぶ」は地名で、奥州信夫郡のこと。今の福島県福島市だそうです。
で、そこで行われた染色の方法で、大きな岩の上に絹を置き、草を摺って緑に染めた、その模様が捩れたように乱れるので「信夫捩摺り」と呼ばれるとのこと。でも江戸の初期くらいにはもう見られなくなっていたそうです。 で、その捩れたような模様と、この花の咲き方が似ているということです。 どんな模様だったんでしょうね〜

大好きなお花なので、来年からも夫に刈られてしまわないように、一ヶ所に集めておきました(^o^)v

posted by mako_chachacha at 22:13| Comment(6) | TrackBack(0) | 2012夏の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

広島に至る

マツモトセンノウとカワラナデシコが咲きました。

20120614matsumoto

20120614nadeshiko

どちらもナデシコ科の花で、茶花としても使えます。

実はこれ、どちらもアル♪さんのお母さまが育てていらしたお花の種をもみじさんがもらわれて、それを分けてもらって名古屋の庭で蒔いて、一緒に広島に引越してきたものです。つまり千葉→とーほく→名古屋→広島と渡ってきているわけ。すごくないですか!?しかももみじさんのはほっかいどーに行ってるし!もう全国津々浦々と言ってもいいんじゃないかな(^o^)

どんどんお花を咲かせて、どんどん種をとって、私もお茶友さんに配るつもりです。どんどん広がるナデシコの輪ですかわいい

posted by mako_chachacha at 21:11| Comment(13) | TrackBack(0) | 2012夏の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。